yohhoyの日記

技術的メモをしていきたい日記

C++2b

Preconditions: false is true.

C++2b(C++23)向けに提案されているコード不到達表明std::unreachable関数の前提条件。「false is true」は常に成り立たない(恒偽命題)ため、unreachable関数呼び出しは必ず未定義動作(undefined behavior)を引き起こす。つまり…どういうことだってばよ?C+…

自己再帰するラムダ式 @ C++23

次期C++2b(C++23)言語仕様に追加される Deducing this により、自己再帰するラムダ式を自然に記述できるようになる。ラムダ式の第1引数型this autoで宣言されるselfは explicit object parameter と呼ばれ、ここではラムダ式自身のクロージャ型(closure type…

レンジ to コンテナ変換

次期C++2b(C++23)標準ライブラリに向けて、Rangesから各種コンテナ型への直接変換サポートが検討されている。(PDF)P1206R6では下記の機能追加/拡張を提案している。 コンテナ型Cへの変換std::ranges::to<C>レンジアダプタ(range adaptor) 標準コンテナへのstd:</c>…

Last Piece of ラムダ式への属性指定

C++20現在の言語仕様では、ラムダ式に対して(普通のプログラマが期待するであろう)属性指定は行えない。C++2b(C++23)に向けた提案(PDF)P2173R0が進行中。*1下記コードはC++構文規則上は許容されるものの、ラムダ式の戻り値に対するnodiscard属性指定ではな…

Rangeアダプタ std::view::reverse

C++20 Rangesライブラリの逆順ビューstd::ranges::reverse_viewおよびRangeアダプタstd::views::reverse*1についてメモ。 基本の使い方 範囲for構文とRangeアダプタreverseを組み合わせて、配列や文字列やコンテナなどRangeとして扱えるものを逆順に列挙でき…

std::views::splitで文字列分割 @ C++23

次期C++2b(C++23) Rangesライブラリstd::views::splitとstd::string_viewを利用した文字列分割処理。C++標準ライブラリのアップデートによりC++20時点よりシンプルに記述可能となり、またstd::stringを介さないため実行効率改善も見込める。 // C++2b(C++23)…

#elifdefと#elifndef

プログラミング言語C/C++のそれぞれ次期バージョンC2x(C23)/C++2b(C++23)では、新しいプリプロセッサディレクティブ#elifdefと#elifndefが追加される予定。*1 #ifdef identifier:#if defined(identifier)と等価 #ifndef identifier:#if !defined(identifie…