yohhoyの日記

技術的メモをしていきたい日記

sqrt(dx*dx + dy*dy)とhypot(dx, dy)

C/C++標準ライブラリで2点間距離 (x1,y1) - (x2,y2) を計算する方法。C99以降またはC++11以降では、sqrt関数の他にhypot関数も利用できる。*1

#include <cmath>
// C++98
double dist = std::sqrt((x2 - x1) * (x2 - x1) + (y2 - y1) * (y2 - y1));
// C++11以降
double dist = std::hypot(x2 - x1, y2 - y1);
#include <math.h>
/* C90 */
double dist = sqrt((x2 - x1) * (x2 - x1) + (y2 - y1) * (y2 - y1));
// C99以降
double dist = hypot(x2 - x1, y2 - y1);

メモ:hypotは三平方の定理の"hypotenuse"(斜辺)から来ているらしい。他の言語処理系でも同名関数が提供されるケースが多い。

関連URL

*1:ライブラリ実装依存ではあるが、hypot関数の方はオーバーフロー/アンダーフロー対策がされて高精度に計算される。一方、処理速度の観点ではsqrt関数の方が速い可能性がある。http://cvsweb.netbsd.org/bsdweb.cgi/src/lib/libm/src/e_hypot.c なども参考に。